いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)のマウスピース治療

マウスピース治療の対象者

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の方が対象となります。

マウスピース治療とは

マウスピース療法とは、睡眠中にマウスピースを着けることで、舌や下あごを前方に固定し気道スペースを確保するものです。身体への負担が少ない治療法として、いびき症と無呼吸症候群に用いられています。
装着すると気道が開き空気が良く通るので、いびきや無呼吸に効果があると考えられ、その効果は高く、有効率は90%にもなると言われています。
また、マウスピースは比較的安価(保険適用可)で、小型のポケットサイズなので旅行中など、いびきの気になる方が気軽に利用されるケースが増えてきています。

マウスピースのイメージ

マウスピース以外の治療法

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)を治すには、マウスピース療法以外に、CPAP療法、外科手術、生活習慣の改善などの治療法あります。いびきの原因をなくすには、外科手術や生活習慣の改善が必要となります。
マウスピース療法は、これらの中でも導入しやすい対処療法として選ばれています。

治療の流れ

1来院

まず、当クリニックで口腔内診査を行い、近隣の睡眠障害の専門医の先生をご紹介します。

2精密検査

その後、紹介先で精密検査を受けて頂き、検査データと紹介状をもらって、再度当院に来院していただき、経験豊富な当クリニックの医師がマウスピースの作成を行います。

3調整

マウスピースをセットした後、2、3回ほど調整を行い、お渡しします。

当院でいびき治療・睡眠時無呼吸症候群の治療を受けるには

当院は完全予約制となっています。「いびき治療」「睡眠時無呼吸症候群治療」としてお電話ください。
すでに紹介状をお持ちの方は、その旨お伝えください。

03-5579-6077電話診療時間:9:30〜19:00/土日 9:30〜17:00